お金貸して 返ってこない

お金貸してから返ってこないなどのトラブルに注意!

「すぐに返すからお金貸して」と友達や彼氏などに頼まれ、相手を信用して快くお金を貸したものの、いっこうにお金が返ってこないということは良くあることかも知れません。

 

ただ他人事なら一つの話題として聞き流すことができますが、いざ自分の身に降りかかった場合には、心穏やかではいられないはずです。

 

その時に相手を信用した自分が悪かったと思うか、すぐに返すという約束を守らない相手が悪いと思うかは自分次第かも知れませんね。

 

お金貸してから返ってこないなどのトラブルにはいろいろなパターンがあり、自分がそのような立場にならないように充分に注意する必要がありますよ。

 

ここでは、このような状況になるパターンとその状況を回避するために必要な対処法について紹介していきますね。

 

お金貸してあげたけど、返ってこない!

お金を貸した友達と連絡がつかずに落ち込む男性
相手を信用してお金貸してあげたけど1円たりとも返ってこないという時には、返してもらうための言い方がいくつかありますよね。

知り合いから借金を取り立てる時の言い方リスト

  • お金返す気ある?
  • 約束の返済日を過ぎてるけど?
  • 借りたこと忘れてる?
  • いつまで返すって言ってたっけ?

親しい間柄であれば、このような言葉で借金の取立てをすることも可能でしょう。そもそもお金貸してあげられるのは、自分が信用している人であり、ある程度何でも言い合える仲である場合が多いですよね。

 

そんな相手がお金貸してあげてから約束の日までに返済してくれない場合には、約束したのに裏切られたという気持ちにもなるでしょう。

 

更には、もしかしたら自分が悪いの?とまで思ってしまうかも知れません。親しい相手にそこまでの言葉を浴びせることで、自己嫌悪に陥りいたたまれない気持ちになってしまうこともあるでしょう。

 

お金貸してもらったらコッチのもの?

「お願いだからお金貸して」と友人や彼氏に懇願され、自分にもそれほど余裕がなくても相手のためと無理してお金貸してあげることもありますよね。

 

ですが、お金を貸してあげた側の思いとは別に、お金を借りる側の人が時として意外な行動に出る場合もあるのです。

 

いつまでも貸したお金が返ってこないばかりか、結果的に貸した本人の方が傷つくことも多いです。友達にお金を貸してはいけないと世間一般でよく言われているのは、このようなトラブルになることがあるからなのでしょう。

お金を貸して、その後のありがちなトラブル一覧

  • お金貸してあげたのに逃げられた
  • お金貸してあげたのに音信不通になった
  • お金貸して返ってこないため催促したらうざいと言われる
  • 電話で催促しようとしたら着信拒否された
  • 返済を催促したら借りた覚えはないと言われた

このように裏切り逆切れなどにあう場合もあるようです。(お金を返してくれなくて逆ギレ:お金を返さない人たち。お金があるにもかかわらず、借金を返さないで、服や遊び... - Yahoo!知恵袋
このような場合、正に「借りてしまえばコッチのもの」的な思考が働いていると言えるでしょう。

 

お金貸してから返ってこない場合、どうやって取り戻せばいいの?

お金を返してもらう方法を教えて!
担保も保証人もなし、借用書も取交していないのが当たり前と言える友達間の貸付であるため、お金貸してから返ってこない場合のお金の取り戻し方には悩むことが多いと思います。

 

友達との借金問題がトラブルに発展してしまった場合には、次のような手順で貸したお金を取戻すための手続きをすることがおすすめです。【参考:熊本県司法書士会「友達に貸したお金が返ってこない!」

お金の貸し借りでトラブルが起きた場合の解決法

  1. まず相手と良く話し合う
  2. 内容証明郵便で返済を請求してみる
  3. 裁判所に行って「調停」の申立をする
  4. 話し合いが不要な場合、「少額訴訟」、「督促手続き」が可能

 

まず相手と良く話し合う

友達などに貸したお金が返ってこない、こんな時はまず相手とよく話し合うことが何よりも大切です。ただし、借金返済に応じてくれない相手と話し合いだけで問題が解決することは少ないかも知れません。

 

内容証明郵便で返済を請求してみる

相手との話し合いだけでは話が進まない場合には、内容証明郵便(参考:郵便局HP「内容証明とは」で返済を請求するという流れになります。

 

借用書による証拠がなくても内容証明郵便を利用することで、書類の不足を補うことも可能になるんです。内容証明郵便が届けば、相手も返済の必要性を強く感じるのではないでしょうか。

 

裁判の時にも確かにお金を貸したことの証拠にもなるため、借用書を書いてもらえなかった場合にも安心です。

 

裁判所に行って「調停」の申立をする

話し合いや内容証明による督促をしても返済してくれない時には、140万円以下の場合ですと簡易裁判所に行き、そこで調停による話し合いをすることになります。

 

裁判のような大げさなことではないため、比較的気軽にできるのが調停のメリットと言えるのです。

 

調停で解決しなければ「少額訴訟」や「督促手続き」へ

最終的に調停にまで持ち込んでも相手が貸したお金を返してくれない場合には、いよいよ最後の一手として裁判で訴訟を起こすしかないかも知れません。

 

60万円以下の場合には、少額訴訟(参考サイト:法務省HP「少額訴訟手続について」となりますが、裁判は1日で終了することも多いようです。裁判までとはいかなくても、裁判所で督促手続きをすることもできますので、簡易裁判所や法律の専門家に相談すると良いですよ。

 

ただし、このような事態となった場合、友人・恋人関係は既に崩壊してしまうこともあるでしょう。お金貸してあげたばかりに絶縁状態となってしまうこともあるのです。

 

それでも大切な人間であると思えた時期もあったと思います。お金の力はそれだけ強いと言えるため、できるだけ個人間のお金の貸し借りは避けた方が無難ですよね。

 

相手との関係を壊したくない場合の穏便な取立て方法とは

どうしても返して欲しいお金であれば、たとえ友達や彼氏・彼女など大切な存在の人との関係が悪化してしまっても取り立てしたいと思うことでしょう。

 

ですが、強行に取り立てすることで友情にキズが付いてしまうことでしょう。自分自身が嫌な思いをするだけでなく、相手がかたくなな態度を取り、なお更お金返してくれない結果となる場合もあるのです。

 

時には逆切れされることもありますし、「ケチな奴だ」などの悪い噂を共通の友達に触れ回る可能性もあります。そんな時には、考え方を変えて押してダメなら引いてみるという方法も良いかも知れませんよ。

 

例えば、以下のような動画が参考になります。

友人へ借金返済を催促する方法

 

 

(出典:YouTube「なかなかお金を返してくれない人に催促する方法とは?」