借用書 個人 お金の貸し借り

個人間のお金の貸し借りで借用書を作る方法

金融機関でお金貸してほしい時、契約書類を取交します。この書類によって確かにお金貸してもらったことが証明されることになります。

 

それでは個人間のお金の貸し借りについてはどうでしょうか。中には借用書を取交す場合もありますが、親しい間柄の場合、お互いの信頼関係でお金の貸し借りが成り立つ場合がほとんどと言えるでしょう。

 

借用書が存在しない個人間のお金の貸し借りが通例となっているため、場合によりトラブルが生じることもあります。

 

できることならば個人間ではあっても借用書を使用した方が無難と言えるため、ここでは借用書のメリットやデメリットについて説明していきます。

 

そもそも借用書ってどんなものなの?

借用書とは、お金貸してほしい人と、お金貸してくれる人との間で確かにお金の貸し借りがあったことを証明する書類であり、後でお金貸してもらった覚えがないということが起きないようにする意味でも大事なものと言えるんです。

 

また裁判でも重要な証拠にもなるため、できることなら口約束ではなく書面として残しておきたいものとなっています。

 

 

借用書のメリットはなに?

例え個人間でのお金の貸し借りであっても借用書を作成することには、以下のようなメリットがあるのです。

借用書を作成するメリット

  • 言った・言わないなど記憶に頼ることで起きるトラブルを回避できる
  • 一部のみの作成で済むため、手軽であること
  • 借用書の作成はお金貸してもらう側のみで済む

借用書はこれ1枚だけで相手の家財道具を差し押さえられるといった法的な強制力はないものの、いざとなった場合に非常に役に立つ書類と言えるのです。

 

民法587条(以下の条文を参照)では返済を約束してお金を借りた時点で消費貸借が成立すると定められています。ただし実際には言った・言わない、借りた・借りてないなどのトラブルが起きることも多く、こういったトラブルを回避するためにも借用書の作成が必要となるのです。

 

借用書は金銭貸借契約書とは異なり、1部だけ作成すれば良いため、借主がその場で手書きでも手軽に作成できるというメリットもあります。(参考サイト:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』金銭消費貸借契約

 

お金の貸し借りに関する法律「民法587条」条文

 

消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。
(引用:電子政府の総合窓口 e-Gov「(消費貸借)民法第587条」

 

借用書のデメリットはなに?

個人間のお金の貸し借りには重要な書類である借用書ですが、デメリットが2つあります。

借用書のデメリット

  • 借用書作成はお金貸してもらう側であるため、お金貸してあげる側に不利に働く場合がある
  • 借用書は一通のみであるため、保管している借用書を紛失してしまう心配がある。

借用書はお金貸してあげる側の人にとって不利に働くこともあります。

 

借用書を作成するのは借主側であるため、時には貸主に不利な内容が借用書に書き込まれてしまう可能性もあるのです。

 

また保管者である貸主の管理が悪いと、借用書を紛失することで両者にとって不利になる場合もあるでしょう。

 

借用書のデメリットをカバーするには他の書類もおすすめ

借用書にはメリットもあればデメリットも存在しています。借用書では心配という時には、借用書ではなく別の書類を用意することをおすすめします。

借用書以外におすすめの書類

上記の書類であれば、契約書を紛失した場合でも安心です。

 

ただし、借用書を二通作成しておいて両者で保管しておくという方法もあるため、単にお金の貸し借りを証明するだけならば借用書で十分と言えるでしょう。

 

借用書の作成方法とは?

借用書はお金貸してもらう人が作成するのが原則であり、書面には必要な項目を記載する必要があるのです。借用書に必要な項目は基本的に以下の10項目となります。

 

万が一お金の貸し借りで相手ともめた場合に役立つため、以下の項目を約定の内容としてはっきりと借用書に明記しておきましょう。

借用書の作成に必要な10項目

  1. 「借用書」という表題
  2. 借用書の作成日(基本的に借受けた日と同じになる)
  3. 貸主の名前
  4. 貸主から貸してもらう金額(金額の改ざん防止のため漢数字で記入)
  5. お金貸してもらったという文言
  6. お金を借受けた日にち
  7. 返済期日
  8. 返済方法
  9. 利息や遅延損害金(利息を設定する場合)
  10. 借主の名前(自筆で署名)、住所、押印

 

以下は、上記「借用書の作成に必要な10項目」に対応した借用書の見本となります。

 

ポイントは、金額を改ざんされないように漢数字で隙間が出ないように書くということです。また返済方法は記録を残すために振込みにするのが理想的と言えます。

 

最後に記入する借主の名前や住所は自筆が基本となり、借用書の信頼性を高めるため手書きが必須となるのです。

 

 

 

お金貸して TOPページへ