お金貸して

「お願い、だれかお金貸して!」という切羽詰った状況の時、ワラをもつかむような気持ちで、ネットで「お金貸して」というキーワードで検索してみたくなるものですよね。

 

今はネットを利用すれば、必要なお金を作る方法を簡単に知ることもできる便利な時代、どんな情報でも得ることが可能になっています。
お金を貸して欲しいトホホな状況の女性

 

 

今すぐお金を貸して欲しいという時に最初に頼るのは大手の人気サービスです。

お金を借りるとしたらどこで借りるのがいいのでしょう?条件としては最短即日融資が可能で、スマートフォンやパソコンから借入申込のできる所。安心できる大手サービスが最も適しています!
※あやしい掲示板や友達であっても個人から貸し借りするとトラブルの原因になります・・・

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>

 

【プロミス】プロミスの利用者が急増

わかりやすい3秒診断が便利※
土日祝日も申込可能!

 

ネットからの申込みをしてWEB契約なら店舗への来店不要で利用できるのがプロミスの借りやすいポイント。わかりやすい3秒診断でスピーディーな回答が便利です。

 

申込は365日24時間可能

借入の申込は365日24時間受け付けていますし、土日祝日も申込できます。インターネット申し込み後、審査に通れば、即日融資も可能

 

また、プロミスの無利息サービスを活用すればサービス期間内は利息0円で利用できます。(※詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。)

もしもあなたが20歳以上の成人であり、本当にお金が必要であれば、有名大手のカードローンというところに相談してみることをオススメします。

 

借金って怖くないの?」と思うかもしれませんが、しっかりと返済ができるのあれば(分割でも可能)、知り合いや家族からお金を借りるよりも面倒な人間関係などがないぶん、金欠の解決には適してます。

 

大手から借りればもちろん違法な取り立てなどもありませんし、場合によっては無利息期間のあるサービスもありますので、借りれるかどうかの無料3秒診断だけでも試してみるといいですよ。

 

当サイトでオススメしているのは「プロミス」です。テレビCMで見たことのある人も多いのではないでしょうか?最短1時間融資というスピーディーさで、はじめてお金を借りる方にも人気がありますよ。

 

◎→事前3秒診断のあるプロミス公式サイトはこちらです

 

お金貸してという時には色々な選択肢があるものの、安全に安心してお金借りれるところから借りて、返せるお金ができたらすぐに返済するという一番簡単な方法が、実はとても便利であることが分かると思います。

 


◎→プロミス公式サイト

 

ホントに困った時にお金貸してくれる所とは?

このページでは、「お金貸して!」という状況の時、安全に安心して必要なお金を作る方法について紹介していますので、活用してみてくださいね。

 

お金がなくてホント困ったという時に自分の力ではどうにもならないなら、どこかの場所でお金借りるしかないかも知れません。

 

今すぐ必要なお金を貸してくれる所にはいくつかの候補があります。いずれも緊急でお金が必要な時に、場合により頼りたい場所とも言えるでしょう。

今すぐお金を貸してくれる所

  1. 親・身内
  2. 友達
  3. 彼氏・彼女
  4. ネット掲示板
  5. 警察・交番

 

お金貸して欲しい時、頼るべきは親や身内?

どうしても今日中や明日までにお金を作る必要がある時、まず初めに思い付くのは親や身内にお金を借りることかも知れません。

 

母親などの家族にお金を借りるの?

最も近い存在と言える母親に「お金貸して」と頼めば、今すぐ借りれる場合もあるでしょう。父親や兄弟や姉妹などの家族、親戚にお願いすることもできるかも知れません。

 

ただし、どちらにしても金額によっては今すぐ借りれないこともあり、更にはお金を貸すのは無理ということもあると思います。「無駄遣いしたんじゃないの?」などと説教されてしまうかも知れません。

 

お金を借りれた場合なら多少の小言は仕方ないと思えても、親や身内がお金貸してくれない場合には「ただ意見されただけで時間の無駄だった」と、何か損した気持ちになることもあるでしょう。

 

お金貸してほしい時、友達に頼る?

どうしても困って誰かにお金貸してほしいと思う時には、友達に借りるという選択肢もあるとは思います。

 

友達にお金を無心するか悩む

ですが、今すぐお金貸してくれるところの中で一番言い出しにくいのが友達かも知れません。いつも一緒にいる仲の良い友達であっても、お金のこととなると別と言えるからです。

 

もしかしたら何の問題もなく友達でいられるのは、お互いの吊り合いが上手く保たれているからかも知れませんよ。

 

友達なら困っていれば助けてくれるかも知れませんが、今までには存在しなかった何かが二人の間に生まれる可能性はありますよね。

 

親にお金借りるのと同じに「今すぐは無理」や、「自分もお金ない」などと言われることもあるでしょう。

 

お金貸してと彼氏や彼女なら気軽に言える?

どうしても今すぐお金が必要な時、お金貸してと気軽に言える相手が彼氏や彼女である場合もあるでしょう。

 

もちろん付き合って間もない相手だと流石に言い出しずらいですが、何年も付き合っていたり同棲している間柄ならば、親や友達よりも気軽にお金貸してと言えるかも知れませんね。

 

ただし必ずしも今すぐにお金借りれるとは言えない上に、断られることもあるでしょう。また「お金貸して」と言われた場合、特に女性はお金にキッチリしている人が多いため、彼女に頼んでもお金貸してくれないことがあるかも知れません。

 

ただし、借金の申し出が原因で「お金の管理ができない人」と思われてしまい絶縁されることもあるので要注意です。

 

お金貸してと掲示板で頼む?

「お金貸して」と親や友達、彼氏などに頼ることも選択肢の一つと言えますが、何の遠慮もなくお金借りたい人が頼る先としてネットの掲示板もあります。

 

ネットで「お金貸して」と検索すると上位に多くヒットするのが、お金の貸し借りができる掲示板であり、今は2chだけでなく個人間融資を仲介する掲示板も多く存在しているんです。

 

同様の掲示板が多く存在するのは、お金を借りる人にとっても確かにメリットがあるからなのでしょう。

個人間融資の掲示板を利用するメリット

  • ブラックでも借りれる
  • 在籍確認をパスできる
  • 必要書類の提出が不要
  • 利息や返済などの条件は交渉次第

自分の信用情報が心配、職場バレを回避したい、準備する書類を省略したい、少しでも低金利でお金借りたいなどの時には、こういった掲示板が活用できる場合もあります。

 

実際のお金の貸し借りでは、初めは匿名で「お金貸して下さい」と投稿し、その後お金貸してくれる個人からのレスがあれば、相手からの求めに応じて掲示板に自分のメールアドレスを提示することになります。

 

その後はメールで希望条件の折り合いをつけてお金借りるというのが、一般的な流れのようです。

 

これらのやり取りだけでお金借りれるならば便利と思うかも知れませんが、個人間融資の掲示板にはメリットを大きく上回るほどのデメリットがあることも多いので、以下も読んでみてくださいね。
【参考:お金がないときどうする?忘れずやるべき対処法とは
【参考:どうしてもお金借りたい!掲示板はお金借りれる所?

 

一見して便利、ただしトラブルが多いネット掲示板

ネットの掲示板であれば、ブラックでも借りれてやっかいな在籍確認も回避でき、書類の提出も不要、更には利息などの交渉も可能という便利さがあります。

 

ただし、一見して便利な点しか見当たらないと思える個人間融資の掲示板ですが、実はトラブルがとても多いようなのです。その理由として以下のようなことがあります。

個人間融資の掲示板でトラブルが多い理由

  • 闇金業者が隠れている可能性が高い
  • 個人情報を引出し、別の目的に悪用する人もいる
  • 中には詐欺を目的としている人もいる

確かにこの掲示板でお金貸してくれる個人には、銀行にお金を預けるより少しでも利息が入るならこのような掲示板でお金を貸した方がオトクと考える人もいます。

 

その一方で個人間融資の掲示板には、法外な利益を得ようとしたり詐欺などを目的とした人も存在するため、違法な高金利の金融業者から怖い取立てに遭う、詐欺行為によりダマされたり個人情報を抜き取られるということだけでなく、最悪は犯罪に巻き込まれる場合もあるのです。(以下の動画参照)

「お金貸して下さい」という人と、お金貸してくれる個人がいることで成り立っているネット掲示板の利用には注意が必要です。

 

財布を失くした時、警察・交番ならお金貸してくれる?

財布を失くしてしまったという不測の事態になった時、ついお金を使い過ぎて帰りの電車代がないなど、緊急でちょっとだけお金が必要という時、警察・交番には1000円を上限としてお金貸してくれる公衆接遇弁償費という制度があります。

 

ただし電車代や一定の経費としてお金借りれますが、それ以外の使い道では利用ができない(以下の「公衆接遇弁償費制度を利用できる場合」を参照)他、制度を悪用すれば逮捕されることもあるのです。金額が少ない上に返しに行くことが少々面倒と感じるかも知れませんが、借りたお金はきちんと返済する必要があります。

 

警察からお金を借りる時には、氏名や住所などをきちんと所定の用紙に記入することになるため、借入の記録がしっかりと残ることになるのです。

 

公衆接遇弁償費制度を利用できる場合

 

警察署、企画課、運転免許試験場及び鉄道警察隊(以下「警察署等」という。)並びに交番、地区交番、駐在所、地域安全センター並びに鉄道警察隊分駐所及び連絡所(以下「交番等」という。)並びに警察署の警ら用無線自動車(以下「警ら用無線自動車」という。)においては、公衆に対する利便供与又は応急的な措置に要する経費として、次に掲げる場合に弁償費を支出することができる。

(1)外出先で所持金を盗まれ、又は遺失した者に対する交通費
(2)行方不明者等の保護にあたり、応急的な措置に要する経費
(3)行路病人の保護又は交通事故等による負傷者の救護にあたり、一時的応急措置に要する経費
(4)その他公衆接遇の適正を期するため必要とする経費

(引用:警視庁(警ら部長)PDF「公衆接遇弁償費事務取扱要綱・2頁(弁償費支出の範囲)」

 

安心安全にお金借りれる方が便利!

ホントに困った時にお金貸してくれる所は、親や身内、友達の他、ネット掲示板や警察・交番などの全く知らない人という場合もあるでしょう。

 

ただし、一見便利なようでもすぐにお金借りれない場合があったり、借りれても後悔するような事態になったり、更には1円も借りれないばかりかトラブルに巻き込まれる危険がある場合もあるのです。

 

簡単にお金貸してくれる所で借りたいと思うのは当然のことですが、それよりも安心安全に今すぐお金借りれる方が便利と言えるのではないでしょうか。

 

便利に素早くお金借りて、返せるお金ができたら少しでも早く返済するということが、一番簡単で基本的なお金の借り方となるのです。

 

今すぐお金貸してくれる場所で安心安全なのはどこ?

今すぐ安心安全にお金貸してくれる所を個人以外で言うならば、主に3つが挙げられます。ただし、今すぐお金貸してもらうには即日融資に対応できる仕組みがあることが条件となるのです。

 

個人以外で安心安全にお金貸してくれる所の即日融資の対応状況

金融機関の種類 即日融資の対応状況
大手の消費者金融 スピード審査で結果を即日回答、自動契約機の利用で即日カード発行も可能、土日祝日も対応可能
街金(中堅消費者金融) 小規模経営で人手が不足しているため審査に時間がかかる、平日14時頃までならば即日融資にも対応可能
銀行 審査が厳しいため結果が出るまでに時間がかかる、即日融資に対応できない銀行が多い
クレジットカード会社 事前のクレジットカード発行が必要、カードが手元にあることでキャッシング枠の範囲で即日融資可能

特に今すぐお金貸してほしい時であれば、大手の消費者金融がおすすめです。街金では難しいことが多いですが、有名なキャッシングサービスであれば即日お金貸してほしい時にも対応できる仕組みが整っています。

 

低金利がメリットという銀行では審査が厳しいため即日回答も難しくなっています。即日融資には来店が必要な場合もあり、土日祝日の即日融資には対応できない銀行も多いです。

 

クレジットカードのキャッシングは既にカードの保有があり、キャッシング枠に余裕があれば今すぐお金借りることも可能ですが、当日の申込みでは即日融資でお金貸してくれません。

 

今すぐ最短はどのくらい?

大手消費者金融なら今すぐお金貸してという時におすすめとなりますが、「今すぐって最短はどのくらい?」と思う人もいると思います。

 

大手のキャッシングサービスでは、最短とは次のような時間になっているのです。初めて借入の申込みをする場合でも申込みの時間帯が早かったり、審査が普通に終了し可決となった場合には、即日でお金貸してほしいという希望が通るかも知れません。

大手キャッシングサービスの最短の時間

  • 審査時間:最短30分
  • 借入までの時間:最短1時間

一方、銀行カードローンの場合には、申込みの銀行に口座があれば当日の振込みが可能であったり、キャッシュカードでのキャッシングが可能になるため、即日でお金貸してほしい時にも対応してもらえる可能性があります。

 

ですが、口座がない場合には新規口座開設が必要となり、キャッシュカードの到着を待つ必要もあるため、数週間という時間がかかる場合もあるんです。審査回答までの時間も大手消費者金融のように最短30分とはいかないでしょう。

 

今すぐ必要?お金貸してほしい理由とは

お金を貸してほしいと思う時、本当に今すぐそのお金を必要としているのかを考えてみることも大事と言えるでしょう。

 

今すぐお金貸してほしい理由が以下のようなことであれば、本当に緊急を要する場合と言えるため借入の利用も必要かも知れません。

今すぐお金貸してほしい理由

  • 今日中か明日までに家賃を支払う必要がある
  • 急病・ケガの入院費の支払いが必要
  • 給料日まであと2週間もあるのに、生活費が一万円しかない

パチンコ代が必要、投資の資金が必要という場合には、金融機関でお金貸してくれないこともあるので要注意です。

 

今すぐ必要でお金貸してほしい!ただし借りれない人も

今すぐ本当に必要でお金貸してほしいという人でも、借りれない人もいるんです。今すぐお金貸してほしい場合でなく比較的時間に余裕のある時であっても、以下の人はお金借りれないことが多いです。

お金が借りれない人

  1. 無職の人
  2. ブラックの人
  3. 未成年の人

 

無職だとお金借りれない人になる理由

お金貸してくれる金融機関では、個人ではなく貸金業としての経営をしているため、お金貸しても返ってこない可能性の高い人には当然お金貸してと言われても断ることが普通となるでしょう。

 

無職ということは収入がない訳ですが、返済するお金もないということになりますよね。

 

特に消費者金融では貸金業法で融資をしているため、担保や保証人なしでお金を貸す個人の融資には、総量規制という法律が関係して来るんです。

 

具体的にはお金貸してという個人の収入の1/3以下までしかお金を貸すことができないため、収入が0円の無職の人や専業主婦にはお金を貸すことができないことになります。(参考サイト:金融庁「貸金業法のキホン」)

 

ブラックだとお金借りれない人になる理由

一般的にブラックとは以下のような人を指します。

ブラックとはどんな人のこと?

  • 債務整理などをした人
  • 返済の長期延滞があった人
  • 一度に複数の申込みをした人

自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理をした人は最低でも5年間、返済の長期延滞があった場合にも最低5年間、一度に複数の申込みをした申込みブラックの人は最低6か月はその後の申込みの審査に影響することになるのです。(参考サイト:CIC(株式会社シー・アイ・シー)「CICが保有する信用情報」

 

ブラックリスト入りしていることが原因でどこからもお金貸してもらえないと、切羽詰まり最終的に闇金業者や前出の個人間融資を専門としたネット掲示板などでお金を貸してもらおうと考える人もいるでしょう。

 

ただし、法外な金利や取立て、詐欺行為などに遭う可能性が高いため、こういった所でお金貸して下さいと言うのは避けるべきです。

 

未成年だとお金借りれない人になる理由

銀行や消費者金融では「民法第5条」により未成年に対して融資をしていません。ただし一部の学生ローンやクレジットカードのキャッシングでは未成年の利用が可能になっている場合もあります。

 

それでも未成年がお金貸して下さいと言う場合には、必ず親の承諾が必要になること、アルバイトなどで一定の収入があることが条件となるので、誰でも借りれる訳ではありません。

 

未成年の内は、できるだけ親にお金貸してくれないかと頼むことが無難と言えるでしょう。

未成年の法律行為に関する法律の内容

  1. 第5条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
  2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
  3. 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。
    1. (引用:電子政府の総合窓口 e-Gov「民法第5条(未成年者の法律行為)」

 

 

 

更新履歴